電話交換機で仕事効率上昇!電話機交換機の選定6サイト

home > 電池交換機について > 電話交換機の特徴と色々なメリット

電話交換機の特徴と色々なメリット

ビジネスホンに不可欠な、電話交換機という、構内交換機とも呼ばれるものがあります。
これはいくつもの電話回線を使う、大規模の施設向けのものになります。
その方式については、ダイレクトインライン方式、ダイヤルイン方式、中継台方式などです。
オフィスで使う電話交換機をそのオフィスに設置しましょう。
設置すれば内線電話と外線電話同士を交換することができるようになります。
音声信号をデジタル処理する形です。
デジタルPBXというものを使えば、外線電話から特定の電話を呼び出すことができるようになります。
さらに不在転送、時間指定呼び出し、それから短縮ダイヤルなどの機能を利用することもできるようになります。
また、音声信号がデジタル処理をされているので、コンピューターやFAXなどを繋いでネットワークを構成することも可能です。



構内電話交換機に関する主な特徴

PBXとは、複数の電話機を設置していく場合に運用されている電話交換機のことを指しており、PBXを導入していくことによって、電話機間によって電話を転送したり、内線による通話をすることができるようになっています。
つまり、PBXとは、Private Branch eXchangeの略であり、構内電話交換機と訳されています。
また、企業に対しては基本的に複数による電話機があるでしょうが、それぞれの電話機をつないでくれるのがPBXとなります。
そして、普段はかかってきた内線や外線を電話機Aによって取り、それを電話機Bに転送していくといったことをしばしば行っていますが、それをすることができる理由としてはPBXが電話機Aや電話機Bを接続してくれているからとなります。
なお、現在でこそ当たり前となっている機能である代表着信機能や保留機能もPBXによってできるようになっています。



電話交換機があるのとないのとの違い

PBXという言葉をビジネスで聞いたことがある人も多く、これはオフィスなどに設置される電話交換機のことです。
家庭用電話は一家に1台か2台ですが、オフィスともなれば社員分の電話が必要になってきます。
そこでこの機械では保留転送や内線、複数電話回線を接続することができます。
たとえばオフィスに電話交換機がなかった場合の問題点は、同じビルにいながら階数が違うと有料になります。
また電話台数分の基本料が発生したり、電話がかかってくると転送ができません。
しかしこの機械があれば同じビルの中での内線が無料になったり、電話回線が共有できるので他の電話で取ることもできます。
また電話の本数が減ることで基本料金も減り、経費も抑える事ができるのもメリットです。
今のビジネスでは電話交換機は常識で、経費削減や利便性の高さが売りになります。

次の記事へ
ページトップへ