電話交換機で仕事効率上昇!電話機交換機の選定6サイト

home > 電池交換機について > 電話交換機の仕組みと驚きの発展の歴史

電話交換機の仕組みと驚きの発展の歴史

日本初の電話サービスは1890年、東京市内と横浜市内を結ぶものからスタートしました。
初期の電話サービスの仕組みは現在と異なり、直接相手に掛けることができず、間に交換手と呼ばれる人間がいました。
この交換手によって目的の相手に電話を繋いでもらう仕組みでした。
当時は、受話器を上げると交換手に繋がる為、ダイヤルはありませんでした。
電話サービス開始からしばらくは、利用者も少なく、交換手による取次ぎで間に合いましたが、利用者の増加で取次ぎが間に合わなくなってきます。
1920年代には電話交換機が導入されます。
この電話交換機の登場で、電話を掛けたい相手に自動で繋がるようになり、この時からダイヤル付電話が登場し、電話番号が必要になりました。
1980年代に音声や信号全てをデジタル化したデジタル交換機が導入され、音質もクリアになりました。
2000年代に、インターネットを使ったIP電話が登場し、音声だけでなく、動画も送れるようになりテレビ電話へと発展していきました。



電話交換機を有効活用するメリット

電話交換機は電話がかかると自動的に担当者に取り次ぐことができ、相手に案内のメッセージが流れて指定してもらえて効果的です。
電話は取引先や顧客などとの情報交換をするために用いるため、社員の携帯電話などにも転送できる状況にすると対処できます。
大規模な企業は社員数が多く同じ電話番号で管理されていると本人に伝わるまでに時間を要し、電話交換機を使って取り次ぎやすくすると便利です。
電話は音声を使って情報を伝えることができ、電子メールよりも緊急の時に役立てるためビジネスを効率化するために役立ちます。
電話は通話時間によって料金がかかるためなるべく時間を短縮し、すぐに取り次げるようにする方法が望ましいです。
電話交換機を有効活用するメリットは電話がかかった時に担当者に取り次ぎやすく、時間のロスを減らして作業を効率化できます。



電話交換機の気になる寿命はどれくらい

電話交換機とは「、電話機からの指示に基づいて電話回線を希望する相手方の電話機に接続する装置の事を指します。
気になるのは耐用年数です。
電話交換機の太耐用年数は6年と明確に決められています。
しかし、実際はもっと稼働することがほとんどです。
当然、故障していない限り使用しつづける事は可能です。
メーカーや機種やサポート体制やメンテナンスにもよって誤差はありますが、平均して10年~15年と言われています。
ただし、長期間使用していると、故障した際にサポート体制を受けられないので自己負担になります。
電話交換機は24時間、365日常時稼動しています。
ですので、システムダウンによる損害が発生しないように、できるだけメーカー耐用年数に従いましょう。
もし、故障してしまった際は、自己負担額も安くはありませんのでご注意ください。

次の記事へ
ページトップへ