電話交換機で仕事効率上昇!電話機交換機の選定6サイト

home > 電池交換機について > 電話交換機で出来る機能

電話交換機で出来る機能

一般的な電話では、外線にかけることが多く、相手の電話番号を入れて行います。
その点、企業が使っている電話は内線と外線があり、使い分けています。そのため、必ず必要になるのが電話交換機です。電話交換機は、NTTが行っている繋ぐ作業を行ってくれる機器です。もちろん、NTTが使っている交換機に比べれば規模は大きくないのですが、同じことが出来る機器となっています。
以前は、単純に内線と外線を変換しているものばかりでしたが、最近はいろいろな機能を持ったものが使われるようになっています。

その中で、その企業の規模などによって異なりますが、ファックスやコンピュータなども繋がるようになっています。
仕組みとしては、音声データをデジタルデータに変換することによって管理ができるようになります。そのため、先ほどもあったようにファックスやコンピュータなども管理ができるようになりました。そのため、企業内だけで電話ができるのはもちろんのこと、情報共有のために企業内の情報ネットをワークの構築もしやすくなりました。そして、電話で大切な機能として、保留転送や短縮ダイヤルや不在転送などがありますが、ほとんどの交換機で行えるようになっています。
一般家庭向けでは回線が一つなので、それを子機などに回すことはできますが規模が小さいためビジネスでは使えません。そのため、電話交換機ではいくつもの電話番号を管理していて、必要に応じて違う部署に回したりすることができるようになっています。そのため、外部から来た電話も一度も切らずに回せるというメリットがあります。当たり前のことですが、一回線使っていてもほかの回線が使えます。そして、社内では電話に番号が付いていて、外線のように番号を打つことによって通話ができます。もちろん、転送もでき通話料も外線ではないのでかかりません。
そのため、受付や確認事項があるときには、内戦を使っていることが多いです。

 それ以外にも、機器によって異なりますが、スマートフォン連携機能や着信お待たせ機能などがあります。
その中で注目されているのが、スマートフォン連携機能です。これは、スマートフォンを使って内線通話を可能にする機能であり、通話料などもかからず移動しながらでも使えるというメリットがあります。そして、着信お待たせ機能は電話が込み合っているときなどに、自動的にメッセージを流して待ってもらうことができます。
そのため、コールセンターなどでよく使われています。

次の記事へ
ページトップへ