電話交換機で仕事効率上昇!電話機交換機の選定6サイト

home > 電池交換機について > 重要な役割を果たしている電話交換機

重要な役割を果たしている電話交換機

ビジネスフォンのカタログを見ているときに、電話交換機という単語を見かけたことがあるという人も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
それが一体何を表しているのか、ご存知でしょうか。
意外と知らない人は多いことでしょう。
言葉だけを見ていれば、それとなくイメージは出来そうな気がしますが、一体どんな役割を持っているものなのかということまでは、結構知られていない機器だということが言えるのではないでしょうか。
まずはビジネスフォンの電話交換機とは、何なのかということを知っておくと良いでしょう。
電話の交換機と聞くと、電話局に置いてある巨大な交換機を想像する人が多いかもしれませんが、オフィスで使う交換機は少し違っており、会社の中に設置して内線電話と外線電話を交換するという役割を担っているのが、オフィスでの電話交換機です。



電話交換機の歴史と耐用年数を知る

今からおよそ120年もの前の1890年代。
郵便や通信を管轄していた省が、東京市内と横浜市内を結ぶ電話サービスを始めました。
自分が電話したい相手に、電話を交換手につないでもらうことによって電話をするようになり、そこから日本の電話というものは始まりました。
その後、電話を使う人が大幅に増えたことや、機能やサービスが向上したために、電話と電話をつなぐのが人ではなく、自動でつないでくれる電話交換機が生まれたということになります。
それでは、現在の電話交換機の耐用年数は何年くらいなのでしょうか。
ビジネスホンの場合、法定耐用年数は6年だと定められており、ビジネスホンのリース契約の場合には契約期間が最大7年までとなっている場合が多いです。
電話交換機は別名、PBXとも呼ばれており、ビジネスホンにはなくてはならない機器ということが言えます。



電話交換機の大事な役割とは何か

電話交換機という言葉を聞くと、電話局に置いてあるものすごく大きな交換機を想像してしまうという人も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
しかしながら、オフィスで使う交換機はそれとはまったく違ったものであり、その違いとは、オフィスで使う交換機は電話局に設置しているようなものではなく、社内のオフィスにしっかりと設置して内線電話と外線電話を交換するという役割を果たしています。
この交換機はPBX(構内交換機)という名前でも呼ばれています。
現在のPBXは、音声信号をデジタル処理をするものが主流となっており、デジタルPBXを使用することで交換機を通じて外線から特定の電話を呼び出すことができます。
他にも、短縮ダイヤルや指定時間呼び出しなどのさまざまな機能を利用するということも簡単にすることができます。

次の記事へ
ページトップへ