電話交換機で仕事効率上昇!電話機交換機の選定6サイト

home > 電池交換機について > 自動化された便利になった電話交換機

自動化された便利になった電話交換機

電話をかけると待つ必要がなくすぐに相手につながることができますが、昔の映画などを見ていると電話をかけると取り次いでもらうまでに時間がかかるという場面を見たことがあるかもしれません。
1952年以前は市内通話と市外通話の両方で、電話交換機を利用して交換手が手動で通話先につなぐという作業が行われていました。
電話が導入された当初は利用者数が少なくて手動でも対処することができましたが、徐々に電話を利用する人々の数が増え、自動交換機が導入されるようになりました。
1952年から市内電話においてステップバイステップ交換機と呼ばれる自動交換機が使用されるようになり、1955年からはクロスバ交換機と呼ばれる、機器の寿命が長くて設置や維持にコストがかからないタイプが導入されるようになりました。
このクロスバ交換機は1978年には全国的に普及しました。



電話交換機はビジネスホンの要の装置

ビジネスホンの導入を考えている場合は、カタログを見て検討することも多いですが、資料などでは電話交換機という言葉も多々出てきます。
一般家庭向けの加入電話なら電話機だけでも動作しますが、ビジネスホンは電話機だけではその役目を発揮できません。
ビジネスホンとしての機能を司っているのが電話交換機ですから、ビジネスホンの要の装置となっています。
この装置はビジネスホンを導入する個々の会社内に設置して、外線と内線の電話をつないだり、内線同士の通話をつなぐ処理をしています。
また、これは主装置とも呼ばれており、これがあるおかげで、少ない電話回線を複数の内線電話で利用できるようになっています。
電話交換機がなければビジネスホンとして成り立ちませんので、ビジネスホンを導入する際は、この装置と専用の電話機をセットで設置することになります。



電話交換機は働く会社になくてはならないもの

ビジネスフォンのおおもと電話交換機とはそもそもなんなのかわからない方は多いです。
交換機と聞くと、大手の電話局にある大きな交換機を想像する方が多いですが少し違います。
交換機とは会社のオフィスに設置して内線電話と外線電話同士を交換する役割のことを言います。
現在の交換機は交換機を通じて凱旋から直接、特定の電話を呼び出すことできるダイヤルインが可能になります。
さらに他にも短縮ダイヤルや不在転送、指定時間呼び出し、コールバックなどの多彩な機能を利用することができます。
電話の機能だけでなくFAXやオフィスのコンピュータを利用し、企業内の情報ネットワークの構成も可能になっています。
このように交換機がビジネスフォンのおおもとになり、会社として重要な役割を果たしてくれている機器であることがわかります。
会社にはなくてはならない存在です。

次の記事へ
ページトップへ