電話交換機で仕事効率上昇!電話機交換機の選定6サイト

home > 電池交換機について > 企業内に電話交換機を導入するメリット

企業内に電話交換機を導入するメリット

企業内に電話交換機を導入すると次のようなメリットが期待できます。
まずは通信コストの削減です。
複数の部署や社員を抱えている規模の大きい企業の場合は、各社員や部署ごとに電話を設置している場合がほとんどですが、お互いに電話でやり取りを行う時にいちいち外線電話を使用していると通信料金が膨れ上がってしまいます。
しかし電話交換機を利用して社員同士が内線で電話できるようになれば、通信費用の削減を行うことが出来ます。
また社員全員部の電話回線を引く必要もありません。
例えば20回線程度が必要であれば、電話交換機を導入して3回線程度を共有して使用することができます。
回線の共有を行えば基本料金を節約することにもつながります。
更に最近ではIP電話にも対応できるようになってきているので、更なる通信費用の削減を実現することが出来る可能性もあります。



電話時の通話に必要な電話交換機

電話回線を希望する相手方の電話回線に接続する装置を電話交換機と言います。
最初の頃は手動交換機で電話交換手がいました。
電話回線の契約をすると電話の通話ができるので一般の方には意識されにくいでしょう。
通話する電話機ごとにそれぞれ回線を用意すると電話機の増加に伴い、膨大な回線が必要になります。
そのため多数の電話機が回線を共有することで大幅に回線の数を減らすことができます。
通話の時だけ切り替えができるシステムに必要です。
必要な時だけ切り替えるのでとても回線の数の節約になり重要な装置です。
通常の住宅では電話回線は1つで十分ですが、会社などで固定電話をいくつも使用する場合には回線が複数必要となります。
最近では、携帯電話の普及で固定電話を持たない方も増加しています。
その場合は電話回線がなくても通話はできます。



電話交換機は重要な役割を持っている

ビジネスフォンのカタログなどを眺めてみると、電話交換機やPBXという言葉をよく見かけるという人も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし実際には何のことかなのか、ご存知だという人は意外と少ないのではないでしょうか。
言葉を眺めていると、何となくイメージは浮かんできそうな気がします。
しかし、どんな役割を持っている機器なのかいうことまでは、なかなか知られていない機器と言えるでしょう。
では、ビジネスフォンにおける電話交換機とは何なのかということをあらかじめきちんと知っておきましょう。
オフィスにおける交換機とは、会社のオフィス内に設置し、内線電話と外線電話を交換するという役割を持っている機器のことです。
こう聞けば、実はとても重要な役割を持っている機器だということが理解して頂けるのではないでしょうか。

次の記事へ
ページトップへ